『数学史研究』投稿規定

1 投稿は、会員または会員の紹介あるものに限る。ただし連名の場合、そのうちの一人が会員であればよい。
2 内容は、数学史に関係あるもので未発表のものにかぎる。
3 原稿の書式は、次の形式に準じるものとする。
(1) Wordを用い、余白をやや狭いに設定し、A4横書きで1頁40 (文字数)×32(行数)に設定する。最大ページ数は20ページを目安とする。
(2) 図版のある場合は、本文のほか、図版のみを別紙にして添付する。別添の図が正確なら、本文は略図でよい。
(3) HPから、Word版のテンプレートをご利用されたい(準備中)。
4 投稿区分は、「論説」、「講座」、「ノート」、「資 料」、「談話室」、「学界動向」、「図書」等である。
5「論説」、「講座」、「ノート」、「資料」、「談話 室」、「学界動向」の原稿には、必ず執筆者名のローマ字表記と題名の英訳を添えること。また、英文のAbstract(200字目安)及びキーワード5個程度を付すことが望ましい。
6 論説等の審査は編集委員会の委嘱した審査員が行い、採否は編集委員会が決定する。
7 原稿は、編集委員長宛に原稿の元データと印刷した紙データ双方を送付のこと。元データはメールに添付するかCDに書き込んで送ること。その際、元データは、必ず自身で保管のこと。
8 著者校正は原則として1回(初校)のみに限る。原稿が受理され、校正の原稿が返送された段階での文章変更は、誤字の訂正程度に止める。書きかえが増えると版の組み換えが必要となり、発生する費用の負担をお願いせざるをえなくなるので、完全な状態で投稿のこと。
9 原稿の掲載順序の前後、および体裁に関しては、編集委員会に一任するものとする。
10 原稿が論説として本誌に掲載された場合には、その抜刷りを20部進呈する。20部を超えて抜刷りを希望される場合や、論説以外の原稿での抜き刷りが必要な場合は著者負担となる。 校正を研成社に送る際、必要部数を申し込むこと。
11 本誌に発表された論文等の版権は、本学会に所属する。従って、それらの論文等を他の印刷物やインターネットへ無断で転載することは、いかなる場合も違法となる。
12 本誌に発表された論文等に著作権法違反等の疑義が 生じた場合は、その全ての責任は執筆者自身が負う。

2019年6月2日改訂                                                 

2019年7月30日補訂